新着情報バックナンバー

民法改正後に賃貸借契約の保証契約を個人と結ぶ場合は極度額を定めなければならないとされましたが、どのような基準で極度額を定めたらいいでしょうか
民法改正後に賃貸借契約の保証契約を個人と結ぶ場合は極度額を定めなければならないとされましたが、さまざまな損害に対応するために極度額を相当高めに設定することは可能でしょうか
民法改正後に賃貸借契約の保証契約を個人と結ぶ場合は極度額を定めなければならないとされましたが、「賃料○カ月分」というような定め方でもいいでしょうか
民法改正後に、極度額を100万円と定めて賃貸借契約の連帯保証人となった個人が、滞納家賃を60万円支払って家賃滞納が解消されました。ところが、その後再び滞納が始まり、滞納家賃が80万円となった場合、賃借人は連帯保証人にいくらの保証債務の履行を請求できるでしょうか。
賃貸借契約の場合、改正民法が規定する保証人の極度額にはどのような債務が含まれますか
民法改正後、会社等の法人が賃貸借契約の保証人となる場合、保証契約に極度額を定めることは必要ですか。
民法改正後、賃貸借契約に個人保証をつける場合の注意点を教えてください。
2020年4月1日より前に締結された賃貸借契約に改正民法が適用されますか?
不動産賃貸借契約に対して改正民法が与える影響を教えてください
消滅時効完成間近に催告をしたことにより時効完成が6ヶ月猶予されますが、その間に、改正民法で設けられた、権利についての協議を行う旨の合意が書面で成立すれば、時効完成猶予期間を延長させることはできますか
改正民法により、協議を行う旨の合意による時効の完成猶予の制度が設けられましたが、協議を行う期間を自動更新して延長する定めは有効ですか
民法改正により。交渉中に消滅時効が完成してしまうことを防ぐ方法ができたと効きましたが。
改正民法では、時効の「完成猶予」、時効の「更新」という用語の使い方をしていますが、どのような意味ですか。
民法改正後において、確定判決を得ている債権の消滅時効期間は何年ですか。
これまで、商事債権は商法の規定により5年の消滅時効期間が定められていましたが、この点について改正はありましたか。
これまでは、債権の種類ごとに短期消滅時効が定められていましたが、この点について改正はありましたか。
期限の定めのない債権は、いつ時効期間が経過するのでしょうか。
債権の消滅時効の起算点である「債権者が権利を行使することができることを知った時」(消滅時効期間5年)と、「権利を行使することができる時」(消滅時効期間10年)とは、同じ時点になりませんか?
民法改正により、消滅時効の起算点と時効期間はどのように改正されたのですか。
契約書に反社会的勢力を排除する条項がありますが、民法上はどのような意味があるのでしょうか。
改正民法の下では、債務不履行の程度が軽微な場合には契約解除をすることができないと聞いたのですか。
改正民法の下で、債務者の債務不履行により契約を解除する場合に、債務不履行の状態に陥ったことについて債務者の帰責事由は必要ですか。
改正民法の下で、債務者の債務不履行により契約を解除する場合には必ず履行の催告をしなければならないのですか。
改正民法の下、債務不履行による損害賠償の範囲はどのようになりますか。
改正民法では、債務不履行による損害賠償について、債務者の責任かどうか「その債務の不履行が契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして」判断するとされていますが、これまでとどのように変わるのですか。
改正民法では、債務不履行による損害賠償について立証責任の分配が明確にされたと聞きましたが、どのようになったのですか。また、それが契約実務にどのように影響しますか。
民法改正により契約関係のルールに様々な変更があったということですが、当事者間で法律とは異なる内容のルールを定めた場合、どちらが優先しますか。
民法改正により法定利率が年5パーセントから年3パーセントに変更になるのはいつからですか。
改正民法では遅延損害金の法定利率が下がるということですが、契約どおりに支払わなければペナルティを受けるというプレッシャーが弱くなってしまうことが心配ですが。
湖東高校出身の方、架空請求に注意してください
新任代表取締役の選定を書面決議で行った場合の取締役会議事録の作成方法について
民法改正後において、売主が引き渡した目的物が契約の内容に適合しなかった場合、買主は、いつまで履行の追完の請求をすることができますか。
民法改正後において、売主が引き渡した目的物が契約の内容に適合しなかった場合、買主は、いつまで履行の追完の請求をすることができますか。
改正民法の下では、引き渡された目的物が種類、品質又は数量に関して契約の内容に適合しないものであるときは、履行の追完の催告をすることなく代金減額請求ができるように契約書に定めることはできますか。
改正民法の下で、売買契約において、引き渡された目的物が種類、品質又は数量に関して契約の内容に適合しないものであるときは、いきなり代金減額請求をすることはできないのですか。
改正民法562条1項は「引き渡された目的物が種類、品質又は数量に関して契約の内容に適合しないものであるとき」は、買主は追完請求することができるとしていますが、「契約の内容に適合しない」とはどのような意味ですか。
改正民法の下で、売買契約における売主の目的物についての債務不履行に対しては、債権者はどのような請求をすることができますか。
改正民法542条は、「債務者がその債務の履行をせず、債権者が前条の催告をしても契約をした目的を達するのに足りる履行がされる見込みがないことが明らかであるとき」は、債権者は、催告をすることなく、直ちに契約の解除をすることができるとしています。これは、どのような状況と考えればいいでしょうか。
改正民法542条は、「債務の一部の履行が不能である場合又は債務者がその債務の一部の履行を拒絶する意思を明確に表示した場合において、残存する部分のみでは契約をした目的を達することができないとき」は、債権者は、催告をすることなく、直ちに契約の解除をすることができるとしています。ここで、「履行を拒絶する意思を明確に表示した場合」とはどのような状況をいうのでしょうか。
改正民法の下では、債務不履行の程度が軽微な場合には契約解除をすることができないと聞きましたが、軽微かどうかはどの時点で判断するのですか。
改正民法の下では、相当の期間を定めてその履行の催告をし、その期間内に履行がないときであっても契約の解除をすることができない場合があると聞きましたが、どのような場合ですか。
改正民法の下、債権者が債務者の債務不履行により解除をする場合に催告を要しないのはどのような場合ですか。
民法改正により、履行不能かどうかの判断について当事者がどのような意思をもって契約したのかが重視されることになるとのことですが、契約実務において注意すべきことはありますか。
改正民法のもとで、契約の相手方が債務を履行しない場合、債権者が債務者に履行の請求をできない場合があると聞きましたが。
改正民法により、履行不能は、「契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして」判断されることになったようですが、契約実務上、注意すべきことはありますか。
改正民法522条において、「 契約は、契約の内容を示してその締結を申し入れる意思表示という。)に対して相手方が承諾をしたときに成立する」と定められましたが、実務的に気を付けることはありますか。
民法改正により、振り込みにより支払った場合の弁済の時期が明確にされたと聞きました。契約実務上、注意すべき点はありますか。
民法改正により、取引先が有する公共工事の請負代金請求権(譲渡禁止特約あり)の差押えについて今と変わることがありますか
民法改正により、取引先がA銀行に有している定期預金を譲り受けることができるようになったのですか。
民法改正により譲渡禁止特約のある債権であっても有効に債権譲渡ができることになりましたが、譲渡制限の意思表示がされたことを知り、又は重大な過失によって知らなかった譲受人その他の第三者に対しては、債務者はその債務の履行を拒むことができるようですね。では、その場合に譲渡人が破産をしてしまったら、譲受人は何もできないのでしょうか。

続きを見る