遺贈とはどういう意味ですか

【こんな質問を受けました】

遺贈とはどういう意味ですか

【このように回答しました】

 遺言者は、包括又は特定の名義で、その財産の全部又は一部を処分することができる、と規定されています(民法964条)。
 遺言者が遺言により、その一方的意思によって行う財産処分のことを、「遺贈」と呼んでいます。なお、遺贈の利益を受ける者を「受遺者」と呼んでいます。
 遺贈には「特定遺贈」と「包括遺贈」とがあります。特定遺贈とは、「甲不動産をXに与える」 というように特定された財産を対象とする遺贈のことです。
 一方、包括遺贈とは、「遺産の2分の1(又は全部など)をXに与える」というように、 遺産の全部またはその一定割合を指定する遺贈のことをいいます。
 包括受遺者は相続人と同一の権利義務を有すると規定されていますまで、遺言者の一身専属権を除いた全ての財産上の権利義務を遺言書に定められた割合で承 継します。 このように、他の相続人や他の包括受遺者があるときは、 それらの者との遺産共有関係が生じ、遺産分割によってその共有関係を解消することになります。
 なお、特定遺贈は受遺者が特定された積極財産だけを承継するのに対し、包括遺贈は、受遺者が積極財産も消極財産も承継するという点が異なります。

投稿者プロフィール

古橋 清二
古橋 清二
昭和33年10月生  てんびん座 血液型A 浜松西部中、浜松西高、中央大学出身(途中、上池自動車学校卒業)

昭和56年~平成2年 浜松市内の電子機器メーカー浜松ホトニクス(東京一部上場)で株主総会実務、契約実務に携わる
平成2年 古橋清二司法書士事務所開設
平成17年 司法書士法人中央合同事務所設立
最近、農業にはまってい る (本人は「農業」と言っているが、一般的には「家庭菜園」と呼ばれている)。 耕運機まで所有するなど、道具は一人前だが野菜のできはイマイチ。 本人は、異常気象だとか、土が悪いとか、品種が悪いなどと言って、決して自分の腕が悪いことを認めようとしない。