真相は闇の中

東京から東北新幹線に乗り込んだ。隣に座った女性がお弁当の蓋を開け、一瞬固まったと思ったら、残念そうに蓋をしめ、弁当を前に置いたまま、スマホをいじり始めた。さては、お箸が入っていなかったのではないか?

僕も弁当食べ終わったので、使います?って聞いてみようかな

はい、ありがとうございます。なんてことにはならないだろうな。

さっき、売り子さんが通ったとき、少し手を上げようとしてたな。でも、売り子さん、気がつかなかった。やっぱり、箸がないのかな

今度売り子さん来たとき、彼女が箸あります?って聞いて、ありません、と断わられてしまったら、どうしよう。箸がないことは確定的になるけど、箸がなくて目の前の弁当が食べられないなんて、彼女、さらし者になるな。大丈夫だよ、ってなぐさめるのも変だし、そもそも、そんな関係じゃないし

そうだ。僕が弁当買って、その箸をあげればいいんだ。僕は、さっき使った箸を使って、『弁当1個じゃ足らないね』って言って、笑ってみせたらどうだろう。

もうすぐ仙台についちゃうよ。仙台で降りるのかな。僕は青森まで行くから、仙台で降りないのなら、まだ楽しめるな。

そうか、仙台で降りちゃうんだ。楽しませてくれて、ありがとう!

 

司法書士の古橋清二でした。
(本稿の内容は、一部事案を変更し、または複数の事案を組み合わせています)