【業界向けの話題】変更後の「債権の範囲」の記載方法

 根抵当権の債務者が吸収合併存続会社となって合併した場合に、根抵当権者の吸収合併消滅会社に対する銀行取引債権(無担保)を根抵当権の債権の範囲に加える場合、登記申請書に記載すべき「変更後の事項 債権の範囲」はどのような振り合いになるか。

変更後の事項 銀行取引 手形債権 小切手債権
       平成〇年〇月〇日合併(被合併会社株式会社〇〇)にかかる債権

これでいいのではないか思う。

投稿者プロフィール

古橋 清二
古橋 清二
昭和33年10月生  てんびん座 血液型A 浜松西部中、浜松西高、中央大学出身(途中、上池自動車学校卒業)

昭和56年~平成2年 浜松市内の電子機器メーカー浜松ホトニクス(東京一部上場)で株主総会実務、契約実務に携わる
平成2年 古橋清二司法書士事務所開設
平成17年 司法書士法人中央合同事務所設立
最近、農業にはまってい る (本人は「農業」と言っているが、一般的には「家庭菜園」と呼ばれている)。 耕運機まで所有するなど、道具は一人前だが野菜のできはイマイチ。 本人は、異常気象だとか、土が悪いとか、品種が悪いなどと言って、決して自分の腕が悪いことを認めようとしない。