相続登記のために準備すべき書類はどのようなものですか

相続登記のために準備すべき書類はどのようなものですか

  相続人が配偶者、子又は代襲者の場合について説明しますと次のとおりです。なお、下記の書類のうち、印鑑証明書以外の書類は司法書士に取得を依頼したり、作成を依頼することもできます。
  また、具体的にケースによって、他の書類が必要になる場合もあります。

 (1)被相続人の生れてから亡くなるまでの連続した戸籍
   (除籍、改製原戸籍)謄本
 (2)被相続人の最後の住所が記載された住民票の除票、または戸籍の附票
 (3)相続人の現在の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
 (4)被相続人の子(およびその代襲者)で死亡している方がいらっしゃる場合はその子(およびその代襲者)の生れてから亡くなるまでの連続した戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
 (5)相続人全員の印鑑証明書
 (6)相続により不動産を取得する相続人の住民票謄本
 (7)相続財産である不動産の固定資産評価額がわかる評価証明書
 (8)相続財産である不動産の登記事項証明書

 

お問い合わせも相談予約はこちらからどうぞ!

投稿者プロフィール

古橋 清二
古橋 清二
昭和33年10月生  てんびん座 血液型A 浜松西部中、浜松西高、中央大学出身(途中、上池自動車学校卒業)

昭和56年~平成2年 浜松市内の電子機器メーカー浜松ホトニクス(東京一部上場)で株主総会実務、契約実務に携わる
平成2年 古橋清二司法書士事務所開設
平成17年 司法書士法人中央合同事務所設立
最近、農業にはまってい る (本人は「農業」と言っているが、一般的には「家庭菜園」と呼ばれている)。 耕運機まで所有するなど、道具は一人前だが野菜のできはイマイチ。 本人は、異常気象だとか、土が悪いとか、品種が悪いなどと言って、決して自分の腕が悪いことを認めようとしない。