静岡地方法務局浜松支局 法定相続情報一覧図の写し第1号は?

 今日から法定相続情報証明制度が始まりました。
 今朝、静岡地方法務局浜松支局第1号獲得に向けて、法定相続情報一覧図の写しの申出書を提出しました。
と、ところが
 そこには、柴田泰光司法書士が立ちはだかっていました。

 柴田司法書士は、相続登記といっしょに法定相続情報一覧図の写しの申出をしていました。私は法定相続情報一覧図の写しの申出書単体です。

 相続登記といっしょに法定相続情報一覧図の写しの申出を行った場合、相続登記が完了してから法定相続情報一覧図の処理に進むと聞いています。こういった場合、法定相続情報一覧図の写しの番号がどの時点で発番されるのか興味があります。

 また、当事務所は法人であり、静岡地方法務局浜松支局に法人登記記録があります。通達では、資格証明書会社法人等番号の提供では代替することはできないとされていますが、法人登記記録のある法務局に法定相続情報一覧図の写しの申出をする場合、法人登記簿を添付しなければならないのか不明です。念のため資格証明書を添付しましたが、「不要は場合はその旨教えて下さい」とメモしておきました。

あとは、どの程度の日数で処理されるのか気になるところです。

投稿者プロフィール

古橋 清二
古橋 清二
昭和33年10月生  てんびん座 血液型A 浜松西部中、浜松西高、中央大学出身(途中、上池自動車学校卒業)

昭和56年~平成2年 浜松市内の電子機器メーカー浜松ホトニクス(東京一部上場)で株主総会実務、契約実務に携わる
平成2年 古橋清二司法書士事務所開設
平成17年 司法書士法人中央合同事務所設立
最近、農業にはまってい る (本人は「農業」と言っているが、一般的には「家庭菜園」と呼ばれている)。 耕運機まで所有するなど、道具は一人前だが野菜のできはイマイチ。 本人は、異常気象だとか、土が悪いとか、品種が悪いなどと言って、決して自分の腕が悪いことを認めようとしない。